閉じる

普通のポータブルトイレ;ニオイの悩みを解消するノウハウ!【動画13】

ポータブルトイレのニオイ問題

ポータブルトイレは、意外と短命?

ポータブルトイレは、多くの場合、使用期間が限られます。歩けるようになってトイレに行くか、逆に動けなくなっておむつになるか、その間のつなぎ的な使われ方が多いのが現状です。ただし、その期間の見通しも立てにくいのが、難しいところです。

長期に利用するなら、過去にKAIGO LABでも記事としてきた「水洗ポータブルトイレ」や「ロボット・ポータブルトイレ」または「水洗おむつ」といったものを検討するものアリでしょう。ただ、こうした便利なものは、とても高価なので、導入が厳しいという介護者も多いでしょう。

普通のポータブルトイレを活用する場合の問題点

普通のポータブルトイレを使う場合、最も困るのが「ニオイ」の問題です。これを軽減するため、消臭剤を使っている人も多いかと思います。介護事業者も、よく、消臭剤のサンプルをくれますよね。ただ、こうした消臭剤は、芳香とは言い難い強烈な「ニオイ」です。

消臭剤も、使用直前にバタバタと用意するわけにはいかないので、常にポータブルトイレに水を張って、そこに入れておくことになります。これにより、室内は消臭剤の臭いで充満することになります。

この普通のアプローチですと、便を捨てる時に、内容物がポータブルトイレのバケツの底などに残りがちです。また、消臭剤も消耗品なので、長期に使うと意外と高くつきます。

ある介護者のノウハウ!(写真解説)

KAIGO LAB編集部は、こうした課題を解決できる方法を編み出した介護者にお話を伺うことができました。そのノウハウを、以下、動画ではないのですが、プロセスを表す連続写真で説明していきたいと思います。もちろん、すべての介護者が使えるというわけではないでしょう。それでもきっと、お役に立てるケースもあると信じています。

普通のポータブルトイレ(家具調)

RIMG0030
もちろん、家具調である必要はありません。病院等で使われている最もシンプルなものも構造は同じです。

カバーを開けて便座をあげた状態

RIMG0032

使用時の状態

RIMG0033

ポータブルトイレ中のバケツを取り出したところ

RIMG0034

バケツの中を湿らせる

RIMG0035
バケツの内側を湿らせて、トイレットペーパーをしきます。消臭スプレーでもただの水でもOK。トイレットペーパーを濡らして使ってもいいです。

トイレットペーパーを貼付けるようにしく

RIMG0068
底面を中心に、側面も少しおおうようにトイレットペーパーをしきます。バケツが濡れていたほうがペーパーが落ち着きます。シングルなら二重になるように、ダブルならそのまましきます。あまり大量になると、トイレに流した時に詰まる原因になるので注意してください。

使用後の状態

RIMG0069
言わずもがなですが、花模様のハンカチが、う◯こです。

側面から水を注ぎます

RIMG0007
忘れずに、使い捨て手袋をしましょう。面倒で、素手で処理してしまいがちですが、使い捨て手袋と使い捨てマスクは必ずしたほうがいいです。トイレに流す時に気をつけていてもはねることがあります。ノロウイルスがこわいです。あっという間に嘔吐下痢にやられます。

静かに傾け、トイレのはねないところに流す

RIMG0008
ペーパーとバケツの間に水がある状態なので、スルッと落ちてくれます。そうもいかないことも、たまにはありますが。とくに、軟便だと汚れが残りますが、消臭剤入りの水を張ったときよりずっと始末しやすいです。この後は、トイレブラシできれいに洗って、濡れているうちにまた、次のためにペーパーを敷きます。
 

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由