閉じる

サクラマスとして生きる時代に(危機的環境のキャリア論)

ヤマメ

サクラマス(桜鱒)という魚をご存知ですか?

サクラマス(桜鱒)というのは、体長60センチ程度になる、サケ科の魚です。桜の咲く季節に川に戻ってくるところから、この名がついたと言われます。釣り人にとっては、一生に1度は釣りたいと思う幻の魚であり、かつ、非常に美味しいことでも有名です。

美味しいのに、サケ科の魚としては、もっとも漁獲高が小さいと言われます。幻の魚なので、仕方がありませんが、入手できても、非常に高額です。このように、なかなか数が増えていかない状態なのは、サクラマスの生態に原因があると考えられています。

ヤマメという川魚をご存知でしょうか?ヤマメは、川でも、清流の上流域・渓流にいる美しい魚です(上の写真)。ヤマメは、せいぜい15センチ程度の魚です。また、ヤマメは、市場で買う場合も、サクラマスほどには高くありません。しかし、実は、ヤマメとサクラマスは、全く同じ魚なのです。

ヤマメもサクラマスも、同じヤマメとして川で生まれます。違いが出るのは、川で生まれた後に海に出ていくか(サクラマス)、それとも川に残るか(ヤマメ)の選択です。海に出ていくと、巨大化し、また、美味しくなるのです。サクラマスが幻の魚になってしまうのは、こうして海に出ていくヤマメが、そもそも少ないからです。

その理由は簡単です。海は、非常に危険なところだからです。海に出て、川に戻ってこられるサクラマスは、わずか1割にすぎないと考えられています。それでも、このリスクを犯しても、海に出ていこうとする動機があります。そしてこの動機は、私たち人間の社会を考える上でも、重要なものです。

川に残るヤマメと海に出るヤマメ

ヤマメは、川では、水に落ちた羽虫や、流れてくる川虫などを食べて暮らしています。こうした羽虫や川虫は、川の水が流れ込む「流れ込み」と呼ばれる場所に、集中的に流されてきます。ですから、ヤマメは「流れ込み」に集まっているのです。以下の写真で、上流からの水の流れで白くなっているところが、この「流れ込み」です。

流れ込み

「流れ込み」では、ポジション争いが発生します。体が大きくて強いヤマメは、いい位置を取れます。その結果、羽虫などを優先的に食べられるので、そのヤマメは、ますます強くなります。

しかし、強くない、弱いヤマメは、飢えて行きます。いよいよ限界となったとき、川を離れて、海に向かうと考えられています。川に残っていても、餓死してしまうからです。

海には、危険な敵も多いのですが、同時に、淡水よりもずっとミネラルが多く、食べ物も豊富です。結果として、生き残れれば、川にいたころよりもずっと大きくて強い身体を手に入れられるのです。

ちなみに、こうしてサクラマスになるのは、南ではなくて、北のほうの川に多くいます。その理由は、北のほうの川は、南に比べて豊かではないからです。羽虫も少なく、川虫もそれほど多くは発生しません。食べるものが少ないのでポジション争いも激化してしまい、海に向かうヤマメが増えるというわけです。

自然と、サクラマスを釣るならば、北海道など、できるだけ北のほうにある川の河口ということになります。同時に、九州にはサクラマスはいないとも言われています。しかし、何年も北海道の川に通っている釣り人でも、サクラマスは過去に数匹しか釣ったことがないというのが普通です。

日本という「川」は干あがりつつある

人間社会も、サクラマスのありかたと似た構造を持っています。調子の良いときは「川」が豊かです。脱落するヤマメも少なく、リスクをとってまで「海」に向かう必要はありません。こうした時代には、リスクをとった起業も、決して多くはありません。

しかし、調子が悪くなってくると「川」から脱落して「海」を目指すしかないヤマメが増えてきます。大企業であっても、いきなり業績が悪化して、リストラといったことも増えて行きます。そうなると、良い悪いは別にしても、リスクをとってでも起業しなければならない人も増えます。

今のベンチャーブームやフリーランスブームのようなものは、日本の調子が悪いからこそ、存在しているとも考えられるわけです。サクラマスが「川」をくだり「海」に向かうのは、企業内のポジションがなくなって起業リスクを飲み込むことと、とてもよく似ています。

仕事と介護の両立は、状況にもよりますが、非常に大変です。介護サービスがもっと充実していけば、なんとかなるかもしれません。しかし、日本の社会福祉財源は枯渇しつつあります。それなのに、高齢者の数はどんどん増えていきます。

今後の介護サービスは、よくても現状維持であり、普通に考えれば、どんどん状況が苦しくなっていくはずです。もちろん、政権に対して、こうした状況の改善を要望していくことも大事です。しかし「川」としての日本は、本当に限界に近づきつつあります。

安易に介護離職をするべきではありません。とはいえ、どうしようもない状況もあります。そして、そうした状況に追い込まれる可能性は、今後はどんどん高くなっていきます。「川」にはもう、余裕がないのですから。

しかしもし、自分がそうした事態になっても、必要以上に悲壮感を持つ必要はありません。リスクもありますが、サクラマスの道には大きな成長が得られる希望もあります。それに、ばかばかしいポジション争いなどもありません。自由です。

ただし、サクラマスの住む世界には「流れ込み」はありません。いかに食べていくのか、そのための手段は、自分で考えて、失敗をしながら、築いていく必要があります。いちど「海」に出ると決めたら、少しでもリスクを下げるために、たくさん勉強をする必要もあります。

いつかもし、自分が「普通の道」をはずれていく必要に迫られたときは、このサクラマスの話を思い出してください。孤独で辛い戦いに巻き込まれて行くと思います。しかし、自然界においては、大きなリスクと大きな成長は常にセットなのです。

※参考文献
・棟方有宗, 三浦 剛『サクラマスのライフサイクルの調節機構の解明と教材化』, 宮城教育大学紀要 43, 2008
・三坂尚行, et al., 『飢餓中のサクラマス当歳魚の肝臓におけるトリグリセリドおよびグリコーゲン含量の変動』, 日本水産学会誌 70(2), 2004

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由