閉じる

自分のご機嫌をうかがい、ご機嫌をとるということ

自分のご機嫌をうかがい、ご機嫌をとるということ

人間は気分に大きく左右される生き物

人間は気分に大きく左右される生き物です。わかりやすいところでは、自分のモチベーションを自分で管理できないと、仕事も勉強もうまくいかないでしょう。そう考えると、仕事でも勉強でも、自分の気分の波を、自分でなんとかできる人だけが、成功に近づくことができると言えそうです。

典型的には、受験勉強がそうかもしれません。気分が乗らないからと勉強をしなければ、志望校には受からないでしょう。逆に言うなら、多くの受験生が、自分の気分のムラに左右されてしまうからこそ、それを制御できるようになれば、ライバルを差し置いて突き抜けることも可能になるわけです。

子供にとって受験勉強が自分の気分との戦いであるように、大人にとっては仕事が、そして年齢が上がってくると親の介護が、自分の気分との戦いとして立ち上がってきます。しかし私たちは、他人の気分には敏感に反応するのに、自分自身の気分については、意外と無頓着だったりしないでしょうか。

注意すべきは喜怒哀楽の「怒」と「哀」

自分の気分、すなわち、ご機嫌は、自分の中にいる猛獣のような存在です。この猛獣を飼いならすのはなかなかに大変で、それに成功している人というのは、それほど多くはないように感じられます。ただ、猛獣を自由にさせてしまうと、仕事も勉強も、そして介護もまた、自分の望む形にはならないことは明白です。

喜怒哀楽と言われる4つの主要な感情の中で、最も取り扱いが危険なのが「怒り」でしょう。「怒り」に任せて行動すれば、周囲から避けられるようになり、孤立してしまいます。そうした孤立もまた「怒り」に油を注ぐことになり、負のループから抜け出せなくなってしまうこともあります。

また「悲しみ(哀しみ)」も、それに身を委ねてしまうと、大変なことになります。以前、高齢者が配偶者との死別をどう乗り越えているかについて記事にしていますが「悲しみ」そのものは消えなくても、それに取り込まれないようにする工夫が必要になります。

自分のご機嫌をうかがうということ

具体的には、自分のご機嫌をうかがうということは「怒り」と「悲しみ」の感情が出てきたときに、自分はどうするのかという自分ルールを確立することが大事になりそうです。そのとき、どうしても大事になるのは、今、自分が「怒り」と「悲しみ」の感情に囚われているということをメタ認知(自己観察)する力です。

それがきちんと察知されないままに、「怒り」と「悲しみ」の感情に流されてしまうと、勉強でも仕事でも、そして介護でも「本当はこうありたかった自分」から、遠く離れてしまいます。特に介護では「こんなはずではなかった」ということが起こりやすいものです。

兄弟姉妹とは、仲良くしたいのに、険悪になったりします親とも、もともと仲が良かったとしても、対立するようになることもあります。介護の専門家には、色々とお世話になるのに、そことの関係がこじれたりもします。そうした「こんなはずではなかった」を避けるためにも、まずは、自分のご機嫌をうかがうということから、メタ認知を始めたいです。

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由