閉じる

「努力すれば報われる社会」は崩壊しつつあるのか?

「努力すれば報われる社会」は崩壊しつつあるのか?

今の世の中は「努力すれば報われる社会」ですか?

横浜市は毎年「市民意識調査」を実施しています。その最新の報告が、2016年8月に発表されています。様々な項目があり興味深いのですが、中でも気になるのが「今の世の中は努力すれば報われる社会だ」という質問項目への回答です。

この質問項目について「そう思う」、「どちらかといえばそう思う」という肯定的な回答が、1988年には44.2%であったのに対して、2016年の今年は15.2%にまで低下しているのです。約30年のうちに、実に、29%もの人々が「今の世の中は努力すれば報われる社会だ」とは考えなくなっています(サンプル数:2016年2,194人/1988年965人)。

逆に、この質問項目について「そう思わない」、「どちらかといえばそう思わない」という否定的な回答は、1988年には26.7%であったのに対して、2016年の今年は43.4%に増加しています。こちらは、16.7%もの人々が、この30年で、ネガティブになってしまったということでしょう。

「努力が報われない」と感じてしまうことについて

「努力は報われない」と感じる人は、努力をしなくなるでしょう。結果として、努力をする人としない人の格差が決定的になります。格差が広がれば、その差を埋めることがより不可能に感じられます。これが、ますます「努力が報われない」という感情を刺激することになります。

当たり前の話なのですが、現在の自分が置かれている状況を改善するためにできるのは、努力だけです。なんの努力をするのかという方向性について考えることも大事ですが、努力すること自体は、いかなる人生においても、ただ一度の人生を充実したものにするための必要条件でしょう。

英会話でもできるようになれば、外国に関係した仕事ができたりと、人生は(少しは)変わります。プログラミングでもできるようになれば、なにかと重宝され、人生は(少しは)変わります。仲間との久しぶりの飲み会でも企画すれば、お互いに刺激になって、人生は(少しは)変わります。

何事も、自分から積極的に動くことで、少しずつではあっても、人生は変わっていくのです。問題は、かなりの努力をしても、変えられる人生は、それほど大きなものには感じられないという部分かもしれません。しかし、そうした小さな努力を積み上げる以外に残されているのは「運」だけです。

ここで「運」というのも、実は努力によって変えられます。たとえば、現在、英会話ができない人に対して、海外駐在の打診があることは(まず)ないでしょう。しかし、英会話ができるようになっていれば、それが周囲に知られることで、持ち込まれる案件も変わってくるのです。

結局は、勉強するしかないのですが・・・

現代は、知的資本社会であり、知力・知識を高めることが、結果につながる環境ができています。ですから、自らの人生を変えるためには、勉強するしかない状態にあるわけです。しかし、勉強の環境を整えるにも、お金が必要です。

それにも関わらず、特に日本は、OECD(経済協力開発機構)に加盟する国の中で、国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出が最低(3.5%)という状況です。日本では、知的資本社会において活躍するための知力は、公的支出によって獲得するのではなく、その多くを、個人の資金力によって獲得するしかないのです。

お金がないと、効率的に勉強することが困難になります。すると、同じ時間だけ勉強していたとしても、十分なお金をかけている人と、そうでない人の間に、固定的な格差ができてしまいます。こうなると「努力は報われない」という考えにも、一理あることになってしまいます。

誰もが、良質な教育を、無料かそれに近い形で受けることができるような社会が理想です。「今の世の中は努力すれば報われる社会だ」という質問項目への回答は、この理想がどの程度実現されているのかを間接的に表現しているとは言えないでしょうか。

※参考文献
・毎日新聞, 『「努力報われる」バブル時代から39%減少』, 2016年9月13日
・神奈川県横浜市, 『調査結果のポイント』, 2016年8月
・日本経済新聞, 『教育への公的支出、日本また最下位 12年OECD調査』, 2015年11月24日

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由