閉じる

今日はなんの日でしょう?

記念日

11月11日は「介護の日」です!!

厚生労働省のHPには、介護の日について、次のような記述があります。

高齢化などにより介護が必要な方々が増加している一方、介護にまつわる課題は多様化しています。こうした中、多くの方々に介護を身近なものとしてとらえていただくとともに、それぞれの立場で介護を考え、関わっていただくことが必要となっています。

介護についての理解と認識を深め、介護サービス利用者及びその家族、介護従事者等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施する日を設定することとしました。

そして、意見公募の結果「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」ということで、毎年11月11日は「介護の日」と決まりました。この日は、日本全国各地で、様々なイベントが行われます。少なからぬ企業でも、介護に関する意識向上の施策(ポスター、研修など)が行なわれています。

でも、なんでこの日なんだ・・・

ちょっとだけ愚痴です。実は、11月11日というのは「1111」というイメージの良さから、記念日として設定されやすい日なのです。一部では「日本でもっとも記念日として設定されている日」と言われています。

11月11日は、確かに「介護の日」です。しかし、それ以外にも「サッカーの日」「シャケの日」「コピーライターの日」「折り紙の日」「宝石の日」「麺の日」「電池の日」「配線器具の日」「靴下の日」「チンアナゴの日」「麻雀の日」・・・などなど、まだまだいっぱい記念日として設定されています。

本当に、介護をプロモーションするつもりなら、こんなに競合の多い日を選ぶのはどうかと思います。地方自治体としても、他の記念日もあるので、介護にだけ人員を割けません。ニュース番組も、介護以外にも記念日になっているので、どれを取り上げてよいやら迷います。残念ですが、マーケティング的には最悪の選択です。

社会全体で、介護への関心を高めないとなりません。介護の課題を、もっと誰にとっても身近なものとすることで、課題解決を早めていきたいです。そのためには、こうした判断には、もうすこし経営感覚が欲しいですよね・・・。

とにかく、介護の日です!皆様、一緒に盛り上げていきましょう!
 

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由