閉じる

KAIGO LAB SCHOOL 第3期がスタートしました!

KAIGO LAB SCHOOL 第3期スタート

KAIGO LAB SCHOOL とは?

KAIGO LAB SCHOOL は、介護業界の若手人材向けに、経営学を無料で教えるビジネス・スクールです。その名のとおり、もともとは、このメディア KAIGO LAB からはじまった取り組みですが、現在の KAIGO LAB SCHOOL は、非営利組織(NPO)として、独立運営されています。

2016年4月からはじまったこの取り組みも、この4月からは第3期に突入しています。そして2018年5月8日の夜、第3期の講義がスタートしています。第3期生となったのは、26名の介護人材です。この中には、名古屋や仙台、長野といった遠方からの参加者もいます。この開講日には、第1期生、第2期生も応援に駆けつけてくれています。

なぜ、介護業界の人材に対して経営学を?そして、なぜそれを無料で?という点については、過去記事『KAIGO LAB SCHOOL(介護業界の若手向け / 無料のビジネス・スクール)を開校します!』を参照してください。簡単に言えば、介護業界の若手人材には、将来の日本を担うキーマンが多数いると信じているからです。

介護業界の専門誌ではもちろん、NHKや読売新聞でも

ありがたいことに、この活動は、介護業界の専門誌ではもちろん、一般向けのニュースとしてNHK読売新聞でも取り上げていただいています。クラウドファンディングでは、総額1,726,000円もの寄付金を集めることができました。本当にありがとうございます。

現在、支援者の助けを得つつ、KAIGO LAB SCHOOL を名古屋地域で展開する可能性も高まってきています。そしてなんとか、将来的には全国展開につなげていきたいと考えています。この活動を支援しても良いという方がいらしたら、以下の口座にご寄付いただけたら幸いです。

銀行情報 みずほ銀行 根津支店 235
口座番号 普通口座 1205531
口座名義 KAIGO LAB SCHOOL
(カタカナで「カイゴラボスクール」でも大丈夫です)
寄付金額 3,000円以上でお願いしております。

第3期の基本データ

初回となった今回の授業では、第3期の生徒が、お互いに初めての顔合わせをしました。初めてだったのですが、ファシリテーションの効果もあって早々と打ち解け、次回の授業後に懇親会を行うはこびとなったようです。なお、KAIGO LAB SCHOOL 第3期の基本データは以下になります。

講義スケジュール 隔週(2週間に1回)の夜間(19:00〜22:00)/ 全20回
入学から卒業まで 1年間(4月入学/3月卒業)
第3期生の人数 26名
学費 無料
教室の場所 ケアワークアカデミー(株式会社ケアワーク弥生)
住所:東京都文京区千駄木3-31-12ワコーレ千駄木ビル3F
学長プロフィール 酒井 穣(さかい・じょう):経営戦略論担当
介護メディア KAIGO LAB(カイゴラボ)編集長、株式会社 steekstok 代表取締役CEO、新潟薬科大学・客員教授、NPOカタリバ理事。慶應義塾大学理工学部卒業、Tilburg大学(オランダ)経営学修士号(MBA)首席卒業。著書多数。1972年、東京生まれ。
副学長プロフィール 飯塚 裕久(いいづか・ひろひさ):介護事業経営論担当
ユアハウス弥生(小規模多機能型居宅介護)所長。非営利特定活動法人もんじゅ代表理事。介護福祉士、介護支援専門員。東京医科歯科大学で臨床検査技術を学んだ後「ユアハウス弥生」の経営を引き継ぐ。介護の現場で働く人たちが、課題を話し合い、解決を目指す「もんじゅミーティング」を主催。1975年、東京生まれ。

 
KAIGO LAB SCHOOL 第3期の授業風景

さらにもっと KAIGO LAB SCHOOL の情報が知りたい場合は、カテゴリ KAIGO LAB SCHOOL より、過去の記事を読んでみてください。メディアに取り上げられたときの報告、授業の要約、生徒によるレポート、合宿の報告、KAIGO LAB SCHOOL 設立時の説明など、様々な情報が得られるようになっています。

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由