閉じる

KAIGO LAB SCHOOL 第1期生の卒業イベントが開催されました!

第1期生の集合写真

KAIGO LAB SCHOOL とは?

KAIGO LAB SCHOOL とは、介護業界の若手人材に対して、経営学の授業とトレーニングを無料で行うビジネススクールです。学位は出せませんが、その代わり、しっかりとした成果を出してもらうために、最大限のサポートをします。なお、KAIGO LAB SCHOOL は、非営利のNPO団体として運営されています。

理念としているのは「日々の業務課題を高いレベルで解決し、その解決策を介護業界全体に広め、もって介護業界の発展に大きく寄与する人材を輩出する」ということです。そうした理念を持って、2016年4月より第1期生を受け入れ、教育を行ってきました。

その第1期生の卒業インベントが、2017年2月7日に行われました。定員100名のところ、150名以上の方々にお越しいただきました。また、多くの方々から寄付(総額981,594円)をいただき、第2期生の受け入れも可能となりましたことを、ここにご報告させていただきます。寄付金の使途については、今後、正しく報告して行きます。

当日は、政治家や、テレビ局をはじめとした多数のメディアにもご来場いただきました。KAIGO LAB SCHOOL 運営スタッフとしては、これは、介護と経営学の掛け算に対しての社会的な期待の高さの証明だと考えています。とても勇気付けられました。

卒業インベントの様子について

まず、学長の話や卒業証書の授与といったところは、最低限としました。お越しいただく方々に、この1年間の成果をみてもらいたいという気持ちから、卒業生15名の卒業論文の中から、ファイナリスト5名を選定し、プレゼンテーションを行いました。

岩渕優加

ファイナリスト5名のプレゼンテーションには、それぞれに賞が与えられました。その中でも、最も価値が高い賞とされたのが、Student Award (同期生からの相互投票による1位)です。そもそもビジネススクールとは「学びの共同体(learning community)」であり、生徒がお互いの成長にコミットすることが求められます。

KAIGO LAB SCHOOL に在学する1年間を通して、それに最も成功したことの証明こそ、Student Award なのです。そして、1期生の Student Award を獲得したのは、小金井市にある老健(介護老人保健施設)に勤務する小川力信(おがわ・りきのぶ)でした。

小川力信

ただ、後で生徒の間で嫉妬を集めたのは、介護漫画『ヘルプマン』の作者である、くさか里樹先生より与えられた「くさか里樹賞」でした。この賞には副賞として、くさか里樹先生直筆の絵とサインが与えられたためです。本当に羨ましいです・・・。

(短い)卒業式について

全部で3時間にわたる卒業イベントでしたが、卒業式に使われたのは、ラスト20分程度でした。卒業証書の授与だけでなく、卒業生ひとりひとりに対して、学長からのメッセージが伝えられています。ちなみに、学長はこのとき、泣いていました。

卒業証書の授与

つきなみですが、人の縁とは不思議なものです。私たち KAIGO LAB が記事をアップしはじめたのは、2015年9月1日でした。そこから、人の縁が広がり、KAIGO LAB SCHOOL をやろうということになり、こうして第1期生が集まり、卒業していったのです。

第1期生にとっては、ここで得た縁が必ず力となり、大きな成果を生み出していってくれることでしょう。それは、会場に来ていただいた参加者の皆様に、強い印象として残ったものと確信しています。

2週間に1度、皆で顔を合わせていた関係は、ここで終わりになります。それはとても悲しいことなのですが、卒業がなければ、人の縁は広がっていきません。より多くの人が、KAIGO LAB SCHOOL を「通過」していくことが大切なのであって、そこに「停滞」することは、KAIGO LAB SCHOOL の理念ではありません。

KAIGO LAB SCHOOL の入学説明会があります!

KAIGO LAB SCHOOL 2017年度(第2期生)の募集につき、2017年2月28日(火)の19:00〜21:00に、入学説明会を実施します。説明会は、定員(30名程度)になり次第、締め切らせていただきますので、申し込みはお早めにお願いします。

TAG index

なお、KAIGO LAB SCHOOL の理念、やっていけるか不安に感じる人へのメッセージ、入学の条件などについては、前回の説明会時に募集要項をまとめた記事をご覧ください。日程だけ異なり、説明会の内容は変わりませんので、すでに前回の説明会を受けている人は、応募しないようにしてください。

講義スケジュール 隔週(2週間に1回)の夜間(19:00〜22:00)/ 全20回
入学から卒業まで 1年間(4月入学/3月卒業)
募集生徒数 2期生:最大15名(できるだけ少人数制にしたい)
学費 無料
教室の場所 ケアワークアカデミー(株式会社ケアワーク弥生)
住所:東京都文京区千駄木3-31-12ワコーレ千駄木ビル3F
学長プロフィール 酒井 穣(さかい・じょう):経営戦略論担当
介護メディア KAIGO LAB(カイゴラボ)編集長、株式会社BOLBOP代表取締役、事業構想大学院大学・特任教授、NPOカタリバ理事。慶應義塾大学理工学部卒業、Tilburg大学(オランダ)経営学修士号(MBA)首席卒業。著書多数。1972年、東京生まれ。
副学長プロフィール 飯塚 裕久(いいづか・ひろひさ):介護事業経営論担当
ユアハウス弥生(小規模多機能型居宅介護)所長。非営利特定活動法人もんじゅ代表理事。介護福祉士、介護支援専門員。東京医科歯科大学で臨床検査技術を学んだ後「ユアハウス弥生」の経営を引き継ぐ。介護の現場で働く人たちが、課題を話し合い、解決を目指す「もんじゅミーティング」を主催。1975年、東京生まれ。

さらにもっと KAIGO LAB SCHOOL の情報が知りたい場合は、カテゴリ KAIGO LAB SCHOOL より、過去の記事を読んでみてください。メディアに取り上げられたときの報告、授業の要約、生徒(第1期生)によるレポート、合宿の報告、KAIGO LAB SCHOOL 設立時の説明など、様々な情報が得られるようになっています。

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR