閉じる

KAIGO LAB SCHOOL 入学説明会(第2期)を実施しました。

KAIGO LAB SCHOOL 入学説明会(第2期)学長挨拶など
入学説明会の開催に際して挨拶(参加者の許可をもらって掲載しております)

KAIGO LAB SCHOOL 入学説明会(第2期)

KAIGO LAB SCHOOL は、介護業界の若手人材向けに、経営学の訓練を無料で提供する1年制のビジネス・スクールです。今のところ学位が出るような学校ではありませんが、それでも介護業界全体のビジネス・レベルの底上げを狙っています。

1期生は、今年の4月より勉強を開始し、残すところあと数ヶ月で卒業していきます。そして、2016年12月13日(火)に、2期生として KAIGO LAB SCHOOL への参加を検討している人のための入学説明会が行われました。

まず、KAIGO LAB SCHOOL 学長の酒井穣より、ご挨拶と、SCHOOL の設立趣意、講師紹介、カリキュラム紹介が行われました。これに引き続き、20分程度の短い時間ではありましたが、模擬授業が行われています。

入学説明会の参加者が持っている不安

これに引き続き、在校生(1期生)による学習体験の紹介が行われています。なお、この在校生による説明においては、学長や副学長といった、学校側の人間は部屋から退出させています。学校の良いところだけでなく、悪いところについても正直な意見が述べられました。

KAIGO LAB SCHOOL 入学説明会(第2期)質疑応答
在校生による学習体験の紹介(参加者の許可をもらって掲載しております)

入学説明会の参加者からは、特に、日常業務とハードな宿題の両立が不安という声があがったようです。KAIGO LAB SCHOOL では、講義で学んだことをできるだけ仕事の現場で実践し、その進捗や結果についてレポートを書くことが宿題となります。

在校生からは、実際に、この宿題の負担がどの程度なのかについて説明が行われました。また、授業を休んでしまった場合のバックアップや、宿題の提出が遅れてしまった場合の対応についても言及されたようです。

もっとも楽しかった記憶としては、この在校生は、合宿をあげています。合宿では、同期となった仲間との結束が高まり、お互いの熱い思いの実現に対して協力しあうような関係性が築けます。具体的にやることは異なっていても、みなで、介護業界の改革を実行していくのです。

入学説明会のあとは、企画プレゼン忘年会

この入学説明会の後は、1期生たちの忘年会がありました。ただの忘年会ではなく、会場にプロジェクターを持ち込み、1期生それぞれが、自分の卒業論文のための企画について企画プレゼンを行っています。

KAIGO LAB SCHOOL 忘年会・企画プレゼン
在校生による企画プレゼンの様子(@忘年会)

この企画プレゼンでは、一般のビジネス・プラン・コンテストのように、使命感、独創性、実現可能性といった点が評価されました。非常に意義深い企画ばかりでしたが、まだまだ改善点があります。在校生たちは、これからさらに、自分の企画を磨き上げていきます。

1期生たちは、卒業後も、KAIGO LAB SCHOOL に関わり続けます。とくに、卒業論文として提出する企画の進捗については、2期生の合宿に1期生も参加し、その場において、みなの前で発表するという形式をとる予定です。

KAIGO LAB SCHOOL は、まだはじまったばかりではあります。しかし、在校生たちは、宿題を通して、すでに小さくない成果を出しています。私たちは、これを、個別の事例にとどめることなく、介護業界全体のムーブメントにまで高めることを目指します。

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR