閉じる

介護に強い、保険の見直しを検討しませんか?(PR)

介護に強い、保険の見直しを検討しませんか?(PR)

あなたが今の保険に入ったとき、自分や配偶者、自分の親などに「介護が必要になる」ことを想定していましたか?

日本の高齢化が進み、いまや介護は、誰もが避けて通れないという時代になりつつあります。

そして、介護にはお金がかかります。お金があれば、介護サービスを購入することで、介護の負担を大きく減らすことが可能です。

しかしお金が足りないと、介護の負担はとても大きくなる可能性があります。

そうなると、仕事との両立が難しくなったり、大切な家族との関係が悪化してしまうかもしれません。

私は10年間、介護職として介護現場で働いてきました。そして実際に、介護に関わることで、お金の問題を抱えてしまう事例を数多く見てきました。

こうした現実をなんとかしたいと思い、私は、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得し、介護を想定した保険のコンサルタントになりました。

いざというときに備え、正しい使い方を知って、初めて活用できるのが保険です。

そして、その保険が介護に強いかどうかは、保険のプランによって大きく異なります。

1人でも多くの方が、介護に直面する前に、ご自身の保険を見返しておくべきだと思うのです。

私は、いざという時に、より多くの人が最悪の事態を避ける一助になることを願っています。

アドバイスが必要であれば気軽におっしゃってください。すでに介護にお悩みであれば、介護の相談にも喜んで乗りたいと思います。

木村 誠

木村 誠(きむら・まこと)
1983年、埼玉県生まれ。日本大学法学部を卒業後、大手有料老人ホームの介護職、生活相談員を経て、大規模老人ホームの施設長に就任。行政主催の認知症研修の講師をする中で、制度にたどり着かないことで追い詰められ、介護心中に至ってしまう事件が後を立たないことに気がつく。医療・介護の専門性を持つファイナンシャル・プランナーとして、介護や制度をお金に関連付けて発信し、つながりを作ることで介護心中をなくすことを理念として活動している。KAIGO LAB SCHOOL(第1期)にて経営学を学び、卒業論文発表では「くさか里樹賞」を受賞している。2017年12月より、金融機関向け雑誌『ヘルスケア&ファイナンス』(日本医療企画)にて『金融マンにもできる介護の悩み解決』を連載。

資格:ファイナンシャル・プランニング技能士、トータル・ライフ・コンサルタント、介護支援専門員、介護福祉士、認知症ケア専門士

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

介護に強い保険に見直しませんか?