閉じる

【衆議院・解散総選挙】政党の公約にベーシックインカムが入る!希望の党(動画あり)

政党の公約にベーシックインカムが入る!希望の党
KAIGO LAB は「介護」という視点から各政党や政治家についての言及を行いますが、政治的に中立です。

ベーシックインカムとは?

ベーシックインカムとは、日本に暮らす人であれば、誰もが一律、毎月7〜12万円程度のお金(金額については色々な意見があります)を受け取れるという制度です。仕事をしている人も、失業者も、現役を引退した人も、大人も子供も、誰もが一定の金額を受け取ります。その代わり、年金、生活保護や各種の貧困対策のための施策はカットされます。

とにかく、ずっとお金をもらい続けることができるので、将来不安が減ります。すると消費も増え、税収も上がります。たしかに、生活保護などがカットされるのは問題という意見もあります。しかし生活保護は、特に恥の文化が根付いている日本では心理的な抵抗があり、実際には必要なのに申請をしない人も多いのです。生活保護よりも、ベーシックインカムのほうが、あまねく必要な人のところにもお金が届きます。

そんな財源はないという意見もあります。ただ、少なからぬシミュレーションでは、財源もなんとかなるという議論もあり、とにかく、より真剣に検討すべき議題であることについては、広く合意ができている話です。実際に、アメリカの一部や、北欧諸国では、このベーシックインカムの導入実験が開始されてきています。どのみち、無年金の人なども増えてきているのですから、財源の問題は、それが生活保護なのかベーシックインカムなのかに関わらず大きくなっていくことは間違いありあません。

希望の党が、公約の原案にベーシックインカム導入を記載!

そうした中、今回の衆議院選挙でその動向が注目されている希望の党が、ベーシックインカムの導入を、公約の原案に記載しました。希望の党は、小池百合子氏(東京都知事)の支持基盤である都民ファーストの会が国政進出する形式で設立された政党です。ここで、希望の党そのものを支持するかどうかは、個々の政治的な思想によるので、KAIGO LABとしては何も言うつもりはありません。

しかし、ベーシックインカムについては、KAIGO LABでも何度も取り上げてきたとおり、これからの日本の社会福祉にはなくてはならないものと考えています。これから人工知能が台頭し、自動運転技術が実装され、様々なロボットが職場にやってくれば、誰もが簡単に職を失う可能性は高まります。そうした近未来において、ベーシックインカムのあるなしは、死活問題に直結していくはずです。

希望の党のみならず、他の政党においても、少なくとも、ベーシックインカムの導入に対して、賛成なのか反対なのかを表明してもらいたいところです。これは間違いなく、これからの国政の場における最重要の議題の1つに位置付けられることだからです。みなさまも、ぜひ、各政党のベーシックインカムの導入への公約に注目してください。日本の大きな転換点になります。まずは、以下のTEDを観てください。

歴史家のルトハー・ブレフマンによる提言

http://www.ted-ja.com/2017/07/rutger-bregman-poverty-isn-t-lack-of.html

※参考文献
・ニコニコニュース, 『希望の党が「ベーシックインカム」を公約に入れる!堀江・ひろゆき・ネットざわつく』, 2017年10月4日

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR