閉じる

親が、介護そのものを嫌がる気持ちと、どう向き合えばよいのだろう

199147_l

介護されるのは普通のことです

介護が必要になった親(被介護者)が、子供(介護者)のすすめにも関わらず、家族以外の他人の介護を受けたくないと拒否することがあります。そうした場合、親には、介護されることは高齢者にとって普通のことだと納得してもらう必要が出てきます。

日本では、65歳以上の高齢者であれば約2割(5人に1人)の人が、要介護認定を受けています。85歳以上の女性に限っていうと、約半数(2人に1人)にもおよぶ人が要介護認定を受けているのが現実です。

内閣府による調査(2002)では、自分の介護を頼む相手として望むのは、配偶者(53%)と子供(53%)がトップではありますが、介護業界によるサービスの充実を受けて、親が子供による介護を望む割合は年々減少していると言われます。ですから、子供には迷惑をかけたくない、ということで、介護を拒否している可能性もあります。

「自分のことは自分でやりたい」という気持ちは立派ですし、それは、そもそも介護保険法の精神でもあります。ただ、人間はいつでも誰かの助けを必要とするものです。助けを断って、無理をすれば、将来かえって、より大きな迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

「介護」という言葉を誤解している

特に、訪問してリハビリを行ってくれるようなサービスを受けない場合、そもそも「自分のことは自分でやりたい」という考え方自体が成立しなくなってしまいます。介護とは、あくまでも被介護者の自立を助けようとするものです。それ以上、多くの助けが必要ないように、介護レベルが高くなることを予防するためのものです。

介護を嫌がる被介護者には、まず、受けられる介護サービスにはどのようなものがあるのか、その中身について理解してもらうところからはじめるとよいでしょう。もし、日中を暇にすごしているのであれば、友達づくりができるようなデイサービスなどを調べてみるといったことは、効果があるかもしれません。

どのみち、年齢が上がってくれば、要介護認定を受けるか受けないかによらず、誰もが、誰かの助けを求めるようになります。それは、格好の悪いことかもしれませんが、そもそも生きるとは格好の悪いものだったりもします。人生が楽しめるのは、時には恥をしのんでも、少しでも健康にこだわってこそではないでしょうか。
 

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR