閉じる

ファッションの視点から介護を考えてみた【前編】

IMG_3883
荒木裕子さん

イメージ・コンサルティングという世界がある!

荒木裕子さんは、イメージ・コンサルティング(引き立てる色と個性を活かすデザインを服装に取り入れ、人の魅力を最大限に活かす技術)の専門家です。荒木さんは、2007年からお母様の介護に関わり、お母様が亡くなられたあと、独立されています。これまで、荒木さんがイメージ向上を手がけた顧客は、数百人規模にもなります。

イメージ・コンサルタントとしての「やりがい」は、顧客が、イメージ向上を通して、自信を深める瞬間に立ち会えることだそうです。自信を深めた結果として、プレゼンテーション能力の向上などが得られるのはもちろん、周囲の扱いにポジティブな変化が生まれることで、仕事がやりやすくなるといったことが観察されるとか。

今回は、この荒木さんに、介護の世界と、イメージ向上の関係性についてうかがいました。その内容についてレポートします。

荒木さんの背景と問題意識のありか

荒木さんの25年におよぶキャリアは、主に人材開発、新卒採用を担当し、人事マネジャーとしてのものでした。このキャリアは、必然的に、多くの社内外の人達と接することになります。

荒木さんは、こうして様々な人々と仕事をする中で、ファッションによって自分のイメージを上手に管理できる人と、そうでない人の「差」が理解できるようになりました。

しかし「ボロは着てても心は錦」という言葉にもみられるとおり、日本には、外見にこだわることへのマイナス・イメージがあります。このため、本当は、もっと素敵なファッションを考えるべきだと思っている人でも「見た目が大事」というところまで考えが至らないようです。

しかし現実に荒木さんが見てきたのは、まさに「見た目の大切さ」だったのです。もちろん、見た目だけが大切ということではありません。ただ、そのインパクトは、一般に信じられている以上に大きいということです。

イメージ・コンサルティングにおける2つの軸

イメージ・コンサルティングの理論は(1)パーソナルカラー診断;その人が最も健康的に見える色を特定する手法(2)パーソナルデザイン診断;その人の個性にあった服のデザインと素材を特定する手法、の2つの軸でできています。

パーソナル・カラーという考え方の原点は、スイスの芸術家、ヨハネス・イッテン(1888〜1967年)が展開した『色彩論』にあると言われます。

色彩論

イッテンが画家として絵を描いているとき、そこに登場させる人物にどのような服を着せるべきかを考えていたことが、パーソナル・カラーの理論につながると考えられているそうです。そこから、イメージ・コンサルティングの世界が広がったと言われます(正確なところはわからず、本当は諸説あるとか)。

自分を最も引き立てるファッションについて、色・デザイン・素材がわかるというところがポイントです。いちど、これを知ってしまえば、その後は一生、服に迷わなくなるというところが売りですね。

後編につづく)

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR