閉じる

次世代型電動車椅子WHILL(ウィル)の挑戦に注目!

次世代型電動車椅子WHILLの挑戦に注目!
注:本稿は、特定の商品を取り上げるものですが、決して広告ではありません。KAIGO LAB との資本関係もありませんし、WHILL株式会社やその周辺からお金をもらって書かれた記事ではありません。KAIGO LAB の独自予算による取材記事であり、KAIGO LAB の意見です。

WHILL(ウィル)とは?

WHILL(ウィル)という電動車椅子、ご存知でしょうか?WHILL株式会社が提供する次世代型の電動車椅子で、この度、WHILL Model C と呼ばれる新型の販売が開始されました。KAIGO LAB は、これに合わせて、取材を行いました。

WHILL株式会社は、日産自動車、ソニー、オリンパスといった日本を代表するメーカー出身者たちが2012年に創業した会社です。はじめは、商品が高額になってしまうため、市場性を考えて、アメリカで創業されています。

実は、WHILL株式会社の人々は、この製品に電動車椅子という言葉を使いません。その代わりに「パーソナル・モビリティ」という言葉にこだわりをもっています。背景には、車椅子が身体の不自由を示すアイコンになってしまっているという問題意識があります。

WHILLは、こうした心理的抵抗そのものを破壊し「将来の当たり前」を生み出そうとしている、イノベーターです。WHILL Model Cも、商品としては、電動車椅子ではあります。しかしその現実は、電動車椅子ではなく、超小型自動車と呼べるようなものになっています。

WHILLは、健常者と障害者のボーダー(境界)にチャレンジしています。WHILL が目指すのは相手を選ばない外出支援であり、便利でカッコイイ乗り物です。これは社会福祉が目指しているノーマライゼーションの理想でもあります。

model_c_color

電動車椅子の限界を突破しようとしている

新型となるWHILL Model Cが解決するのは、従来の電動車椅子がもっていた「外出先で止まってしまった場合の不安」です。健常者であれば、そこから歩いたり、別の交通手段を使えばよいところです。しかし障害者の場合は、この不安は、電動車椅子を使うことの最大の心理的ハードルになっています。

そこで、WHILL Model Cからは「外出時のトラブル対応保険」が付与できるようになりました。「WHILL Smart Care」と呼ばれるもので、WHILLに搭載されている3G回線経由で、問い合わせ時のバッテリー残量や位置情報をWHILL株式会社が直接確認し、対応することができます。

こうした開発の背景には、車椅子のイメージを超えるカッコいいデザイン、座り心地や軽量化といった当たり前の視点だけでなく、ユーザー目線での製品開発の徹底があります。教科書的には当たり前のことですが、それができているメーカーは決して多くはありません。

WHILL Model Cに対するユーザーの反応

介護における負担には、精神的負担、肉体的負担、経済的負担があります。その中でも、経済的負担は、介護に関わる誰もが心配になる部分です。究極的には、お金さえあれば、他の負担は軽減することが可能だからです。

家計経済研究所が調査した『在宅介護のお金とくらしについての調査』(2011年)によれば、要介護者の在宅介護にかかる費用は、月額平均6万9千円にもなります。介護のために、こうした支出があるだけでなく、介護によって収入が減少することも多いのです。

そうした介護の環境において、WHILLを購入することは、決して当たり前のことではありません。しかし、多少の無理をしてもWHILLを購入するユーザーがいるということは、WHILLが、本質的な価値を提供できていることを示すでしょう。その価値とは「外出のある人生」です。

実際に、WHILLを使い始めたユーザーは、外出の中に挑戦を取り入れるようになるそうです。独自開発のオムニホイールやモータによって、WHILLは、通常の電動車椅子では越えられない段差を走行することが可能です。以下、WHILL Model C(デモ機)の動作を撮影した動画になります。

多くの電動車椅子のユーザーは、電動車椅子が止まってしまうことを恐れ、一度走行したことのあるルートを繰り返し通りがちになります。しかしWHILLのユーザーは「今日はこの道を行ってみようかな」「この段差、超えられちゃうんじゃないか?」など、挑戦し始めると言います。

ちょっとした違いに思われますが、WHILLのユーザーは、外出の中に挑戦を取り入れることができるのです。それは、ある種のベンチャー・スピリットであり、WHILL株式会社の根幹にあるものではないでしょうか。

KAIGO LAB は、WHILLの飛躍を応援したいと思います。こうしたテクノロジーが世界に広まるためには、なによりも、ユーザーが増えていくことが大切です。身近に、電動車椅子で困っている人がいる場合、WHILLについても検討してみることをオススメいただけたらと思います。

WHILL Model Cの購入を検討する場合

この次世代型電動車椅子の購入を検討する場合、こちらの公式ホームページを参照ください。また、各種お問合せ(試乗依頼、資料請求など)については、0120-062-416(IP電話の方は050-3085-9840)にお電話ください。平日の9:30〜17:00まで受け付けているようです。

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR