閉じる

Google、手の震えを軽減するスプーン(リフトウェア)を発売開始

lift

やっはりすごいな、Google

10月1日に、Google(グーグル)が、介護用のスプーンの発売を発表しました。スプーンの持ち手に内蔵されている自動振動安定機能が、震えによる影響を70%軽減するのだとか。以下、Google Japan Blogの記事より、公式な説明を引用します。

原因が不明の手のふるえ(本態性振戦)や、パーキンソン病、脳梗塞などによる手の震えに悩んでいる方々は、日本国内だけでも数百万人いるといわれています。「リフトウェア」は、手の揺れを止めるのではなく、センサリング技術等で揺れを制御することで、もう一度、食事を楽しんでいただくことを目指した機能性スプーンです。

リフトウェアは、グリップ部に内蔵されたセンサーが手のふるえを感知し、小さなコンピューターが意図した手の動きと、それ以外の不要な震えを識別。アタッチメント部分のスタビライザーで揺れを制御し、スプーンを安定させます。

なぜ、Googleが介護グッズなのか

手の震えをおさえて、食事をすることが、手の震えに悩む人にとってとても重要であることはもちろんです。しかし、Googleが狙っているのは、もっと本質的なことでしょう。

それは、人間の老化への、テクノロジーによるチャレンジです。手の震えへの対応は、その初期的なものであって、身体的な課題はもちろん、いずれは知的な課題についても対応することを考えているのだと思います。

より深く考えると、Googleは、西洋的な心身二元論(心と身体を別々のものとして考えること)から、心と身体を「統合されたもの」としてとらえることに成功しつつあるのかもしれません。手の震えが、人間の尊厳まで傷つけていることへの反発が、強く感じられるからです。
 

どこで買えるの?

公式サイト(http://www.liftware.jp/)から購入可能です。スプーンだけでなく、フォークもついてきます。価格は47,520円と高めですが、今後は徐々に安くなっていくでしょう。高いという文句もあるでしょうが、まずは、この商品を開発した技術者たちの努力をたたえ、また、さらなる開発を応援したいところですね。
 

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト