閉じる

老人ホームの「入居者」が暴行事件で逮捕。それが報道された珍しいケース(ニュースを考える)

高齢者による暴行事件

浜松の介護施設の入居者2名が逮捕された

介護職員による高齢者への暴行事件は、毎日のように報道されています。しかし介護現場では、むしろ高齢者による介護職員への暴行のほうが、より深刻という印象があります。介護施設における暴行事件の報道は、とても公平とは言えない状況なのです。

そうした中、産経ニュースが、高齢者による介護職員への暴行を報道(2016年1月16日)しています。以下、この報道から一部引用します。

老人福祉施設で男性介護士(29)を殴ったり、つえでたたいたりしてけがを負わせたとして、静岡県警細江署は13日、傷害の疑いで、無職、浅見勉容疑者(65)と無職、久保田喜之容疑者(68)を現行犯逮捕した。(中略)男性介護士の態度が気にくわないという理由から暴行していた。逮捕容疑は13日午前8時ごろ、施設内で男性介護士を暴行し頭部に擦り傷などを負わせたとしている。

この介護施設は、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と呼ばれるタイプのものです。どちらかといえば、至れり尽くせりの、高所得者向けのサービスと言えます(施設によってかなり違いはありますが)。

この特定の事件について少し考えてみる

介護施設の入居者としては、この2人はかなり若いです。一応、世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上の人は高齢者となります。しかし、現代の65歳は、とても高齢者とは言えないほど元気ですよね(個人差はありますが)。実感では、75歳くらいからが高齢者という印象があります。

まだ若い(65歳、68歳)、責任能力を問える(逮捕されるということは、おそらく認知症はないということ)男性2人が、介護士に対して暴行を行ったわけです。また、もし介護士(29歳)のほうが反撃をしていたら、これほど早い逮捕とならないはずなので、介護士のほうは抵抗しないで、一方的に暴行を受けたものと思われます。

普通、こうした入居者による暴行事件は、施設内で処理(高齢者を退去させるなど)されます。職員が警察に連絡したりすることも、まずありません。さらに、暴行の事実が全国的に報道されるというのも珍しいです。この背景になっていることが気になりますが、今回の報道からは、情報が少なすぎて、そこを推測することはできません。

この報道を介護者(家族)としてどう読むべきか

介護施設への入所において、多くの人は「設備」と「スタッフ」のことばかりを気にします。しかし、今回の報道でもわかるとおり、今そこにいる「入居者」も、大きな問題の原因となりえます。

「入居者」は、人数が多いだけでなく、要介護者(親)が長年、共同生活をすることになる人々です。特段、相手が悪い人でなくても、相性が悪ければトラブルにもなりえます。暴行事件を起こす人も、実際にいます。

しかし、プライバシーの問題もあって、入居の前に、そこにいる「入居者」について詳細な情報を得ることはできません。また、仮に事前にそれが把握できたとしても、入居した後からは、どのような人が入ってくるかもわからないわけです。

そうなると、ここは運になります。いや、運になるというよりも「嫌な入居者」というのは、必ずいると想定しておいたほうがよいのでしょう。となると、気にすべきは「おかしな入居者がいた場合の、その介護施設の対応」です。

では「ちょっとでも暴行事件を起こしたら、即刻、警察に通報の上で退所」であればよいのかというと、これは違います。なぜなら、自分の親も認知症になれば、暴行事件を起こさないとも限らないわけです(軽く叩くくらいのことは当たり前にします)。

介護者(家族)として、もっとも恐れるべきなのは、入居者となった自分の親が「ちょっとした暴力」によって、介護施設を追い出されることです。また、認知症の度合いによっては、深刻な暴行事件を起こさないとも限りません。「あんなに温厚だった親が・・・」というのはよくあるケースです。

どうなって行かないとならないのか

ここまで考えてみたとおり、暴行事件に対して「厳罰化」していけばよいというものではありません。かといって、要介護者の家族としてできることは限られています。親が認知症になり、その上で暴行事件をおこすということは、十分にありえることだからです。

となると、高齢者が、なんらかの暴力を振るいそうになったとき、その脳波を察知し、止めに入るようなデバイス(ロボット)のようなものがあれば、理想的です。脳波の察知は、かなり簡単になってきていますし、夢物語とも言えません。

逆に、そのような理想に頼らないと出口が見えないのが、認知症の高齢者による暴力問題でもあります。ここは本当に、難しいです。まずは、行政によるガイドラインの拡充が求められるところでしょう。

※参考文献
・産経ニュース, 『浜松の福祉施設、60代高齢入所者2人が介護士を暴行 容疑で逮捕』, 2016年1月13日
 

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR