閉じる

医師に不満がありますか?私たちがすべきこと【賢い患者になる5つの条件】

医師に不満?

医師は、十分に質問することはできない相手?

医師は、自分の専門分野についてはもちろん、かなり幅広く医療の実情を把握しています。ご存知のとおり、医師になるためには相当な知力が求められます。そうした基本的に頭の良い人々が、長期にわたってコミットしているのが医療なわけです。医療について聞くなら、医師が一番なのは、間違いないでしょう。

しかし、なんらかの病気が原因で、病院に行ってみればわかるとおり、私たちは医師に遠慮します。病院はいつも患者でいっぱいなので、そこで無駄な質問をして、医師の時間をとってしまうことに罪悪感も感じます。結果として、医師とのコミュニケーションは、5分とか、そうした短い時間になることがほとんどではないでしょうか。

本当は、たくさん聞きたいことがあるのに、それができない相手というのが一般的な医師のイメージかもしれません。医師にこうした話をすると、医師たちは「そんなことないのに・・・ちゃんと聞いてくれたら、答えられる」と言います。ここには、認識のギャップがあります。

医師の診療を受けた時の印象は?

医療機関において、医師の診療を受けた人の調査(小谷)があります。それを以下に引用します。この調査結果を見る限り、不満もそれなりにあるということが見えてきます。逆に「たまにある」ということを「ほとんどない」というポジティブな意味にとれば、そんなに酷い状況にも見えません。

診療を受けたときの印象

結局は、賢い患者になるのが得策

上記のようなデータは、医療機関の人々はきちんと認識しています。そして日々改善に努めているわけです。そこにただ不満をぶつけても建設的ではないでしょう。実際に、医療機関はクレーマーを怖れているし、かなり困っています。

私たちとしても、賢い患者になっていく必要があります。双方から歩み寄れば、クリアできないほどには問題は大きくなさそうだからです。賢い患者になるためには、識者によれば次の5つに気をつけることが大事と言います。

(1)自分の健康課題について自覚的になる
(2)どのような医療を受けたいか自分の意見を持つ
(3)その意見をしっかりと医療従事者に伝える
(4)医療従事者と対立するのではなく良好な関係を築く
(5)一人で悩まずに行政の相談窓口などを利用する

要するに、医師に対して「どうにかしてよ」と丸投げしても、病気だけならともかく、自分の人生まで好転したりしないということです。簡単には回復しない病気になったら、自分でもその病気について勉強する必要があります。

その上で、どのような医療を受けたいのかについて自分の意見を持つ必要があります。もちろん、ここについては素人なので、受けられる医療については、しっかりと医師に質問する必要があります。質問のない人に、回答することは誰にもできませんから。

さらに、医療従事者も人間であることは忘れてはいけないでしょう。対立しても、なんの得もありません。助けてもらう立場ですし、感謝の気持ちを伝えたりすることはとても大事です。

最後に、一人で悩まないことです。現在は、行政の相談窓口(保健所など)も充実してきています。日本の行政は、メディアなどで批判されることが多いですが、外国と比較すれば、かなり優れています。これを利用しない手はありません。

※参考文献
・小谷みどり, 『医療に関する意識 ―セカンドオピニオンに対する意向とその背景―』, LifeDesign REPORT(2005年3月)
・辻本好子, 『賢い患者になりましょう』, 静岡市(基調講演録)
 

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR