閉じる

お酒による脱水に注意してください(お酒は熱中症対策にはなりません)

お酒による脱水に注意してください(お酒は熱中症対策にはなりません)

アルコールによる利尿作用

体内の水分は、尿として、体の外に排出されます。この尿の量を増やす作用を、特に利尿作用と言います。アルコールは、腎臓における血液循環を刺激するため、利尿作用があります。お酒を飲んだあとに、喉が乾くという経験をしたことがあるでしょう。これは、利尿作用によって、体内の水分が、尿として排出されているからです。

お酒が持っているこの利尿作用によって、摂取した水分以上に、尿として排出される水分が多くなってしまう可能性もあります(必ずそうなるということではありません)。たとえばビールを1リットル飲むと、1.1リットルの水が失われるとも言われます。お酒を飲んだら、お酒とは別に、十分な水分を補給する必要があるのです。

アルコール以外では、カフェインにも利尿作用があることが知られています。ですから、一部のお茶やコーヒーのように、カフェインを多く含む飲料にも注意が必要です。熱中症対策として水分を補給したつもりになっていても、かえって、脱水症状からの熱中症に近づいてしまう可能性もあります。

ここで、尿を我慢すればよいということにはなりません。膀胱炎が怖いですし、それでは、体内の他のところで必要になる水分補給にはならないからです。脱水症状や熱中症対策としては、スポーツドリンクや、カフェインを含まない飲料を随時摂取するように心がける必要があります。

アルコールを分解するときにも水分が必要

お酒を飲んだとき、体は、アルコールを分解する必要があります。アルコールが体内に入ると、まず、アルコールはアセトアルデヒドになり、それが酢酸(お酢に含まれる酸味の成分)になります。その後、この酢酸は二酸化炭素と水にまで分解されるのです。このとき、体内におけるこの化学反応には、水が必要となります。

アルコールを摂取するということは、利尿作用によって身体から水分が失われるだけではないのです。体内において、アルコールを分解するためにも水が使われるため、利尿作用と合わせて、身体は急激に水分を失うことになります。

こうして水分を失うと、体内の熱を体外に放出する(たとえば汗として)機能の働きが弱くなるでしょう。結果として、脱水症状からの熱中症という結果につながることもあります。やはり、特にアルコールの摂取には、暑い夏ほど注意する必要があるということです。

お酒を飲んだら、必ず脱水症状になるということではありません。しかし、特にここ数年の夏の暑さを考えれば、こうしたことを認識しておくのは大事です。屋外で冷えたビールを飲むのには良い季節ですが、同時に、アルコールではない水分の補給も心がけるようにしましょう。

※参考文献
・産経新聞, 『アルコールはなぜ水分補給にならない?脱水予防で尿意は我慢してもいい?医師に聞いた』, 2017年7月30日
・味の素, 『飲酒時は脱水症状になりやすい』

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由