閉じる

65歳未満でも要介護認定が受けられる?特定疾病について

65歳未満でも要介護認定が受けられる?特定疾病について

要介護認定を受けるには?

65歳以上の人(第1号被保険者)の場合、介護や介護予防が必要と認められれば、要介護認定が受けられます。このとき、要介護認定を受けることになった原因は問われません。とにかく、介護が必要な状態と言えるかどうかだけが確認されます。

これに対して、40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)の場合、要介護認定を受けるには、特定の病気(特定疾病)に苦しめられていることが認定を受ける条件になっています。具体的には、介護保険施行令(平成10年政令第412号第2条)によって、16の疾病(特定疾病)として定められています。

介護保険料は、40歳になると、誰もが強制的に徴収されるものです。強制的に加入させられる保険ですから、いざ、それが必要になった場合は使うことが可能です。ただ本来は、65歳以上の高齢者になってからの利用が想定されているため、65歳未満の場合は制限がかかっているというわけです。

第2号被保険者の要介護認定

要介護認定というと、どうしても高齢者が申請するものというイメージもあるかもしれません。しかし、介護は、必ずしも高齢者だけに必要なものではありません。まずは、これら16の疾病について理解しておきたいです。以下、この特定疾病について参考文献(黒澤, 2013年)の記述をベースにしつつ、KAIGO LAB が加筆・修正を行ったものを示します。

病名
特徴
1.がん(末期) 医師が、医学的知見に基づいて「回復の見込みがない」と判断したがんに限って特定疾病と認められる。がんとして診断され、治療を目的とした医療によっても治癒が見込まれず、進行性を持ったものが対象。おおむね余命が6ヶ月程度であると判断される場合を指す。
2.関節リウマチ 全身の多くの関節に炎症が起こり、変形や機能障害が発生する。30〜50歳代に多く発症する病気であり、とくに女性に多い。原因は不明で、いまのところ完治につながるような治療法はない。
3.筋萎縮性側索硬化症(ALS) 脊髄と脳の運動神経細胞が減少していくことにより、進行性をもって、全身の筋力が低下していく病気。発病後、3〜5年の経過で呼吸のための筋力が低下するため、延命のためには、人工呼吸器が必要な状態になる。原因は不明。
4.後縦靭帯骨化症 脊椎の背中側にある後縦靭帯が骨に変異してしまい大きくなる結果、脊髄や神経が圧迫されて、しびれ、知覚障害や運動障害などの神経障害を引き起こす病気。原因は不明。
5.骨折をともなう骨粗しょう症 骨に含まれるカルシウムなどの量(骨量)は、若年期をピークとして、年齢とともに減少していく。あるレベルを超えて骨量が減ってしまうと、骨の構造が破壊され、もろい状態となり、折れやすくなってしまう。特に更年期以降の女性において目立つ病気である。
6.初老期における認知症 記憶障害があり、さらに失語、失行、失認、遂行機能の障害のいずれかを合併する場合に該当する。この他の場合でも該当となる場合もあるため、医師や専門機関への確認が必要となる。なお、一時的な認知機能障害は除外される。
7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 ここで取り上げられる三つの病気には、共通してパーキンソン症状が観察される。それらは、ふるえ、筋肉のこわばり、動作緩慢、突進といったものに代表される。認知症をともなうこともある。薬剤などによる治療効果が高いケースもある。
8.脊髄小脳変性症 歩行時にふらついたり、手をうまく使えなくなったり、舌がもつれたりといった運動失調が進行し、悪化していく神経変性疾患の総称である。遺伝性のもの以外は原因不明で、完治につながるような治療方法は確立されていない。
9.脊柱管狭窄症 脊髄が入っている脊柱管がせまくなることによって、四肢や体幹の痛み、しびれ、筋力低下、排尿・排便障害などを起こす。症状は悪化と改善を繰り返すものの、徐々に進行していき、最終的には歩行困難に至ることが多い。
10.早老症 早期に老化がはじまり、寿命も短縮されてしまうまれな病気(ウェルナー症候群等)である。老化にともなう様々な病気も併発させてしまう。遺伝子異常が原因とされる。
11.多系統萎縮症 オリーブ橋小脳委縮症、線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー症候群という3つの病気の総称。中年期以降に発症することが多く、パーキンソン症状などを初期症状として進行する。
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症 糖尿病の合併症として、しびれ感や筋力低下、起立性低血圧、神経伝導検査異常などが認められるとき、糖尿病性神経障害として診断される。糖尿病性腎症には人工透析が必要となることがあり、また、糖尿病性網膜症は失明に至ることがある。
13.脳血管疾患 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの総称。急に発症し、のちに麻痺(片麻痺)や言語障害、認知機能障害などが残ることが多く、長期間のリハビリテーションが求められることがある。
14.閉塞性動脈硬化症 一般の動脈硬化症は全身にあらわれる病気であるが、とくに閉塞性動脈硬化症は、腹部から下肢の動脈硬化によって血流が悪くなり、血行障害を起こしている状態である。しびれ感や冷感(冷たい感じ)だけでなく、潰瘍や壊死が認められる場合に該当する。
15.慢性閉塞性肺疾患(COPD) 慢性気管支炎と肺気腫の2つをあわせて慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼ぶ。進行すると、在宅酸素療法が必要となることがある。気管支や肺に障害があるため、肺への空気の通りが悪化し、呼吸がしにくくなる。
16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形をともなう変形性関節症 変形性関節症は、軟骨や骨の変形が認められ、痛みや歩行障害を生じる病気である。体重がかかる膝関節と股関節に起こりやすい。とくに著しい変形をともなっている場合に該当する。

特定疾病に該当するかなと思ったら

これらの特定疾病に該当すると判断された場合、65歳未満であっても、介護保険によるサービスの利用が可能になります。ただしそれでも40歳以上であることと、特定疾病への該当要件をみたしていることが条件になります。

なんらかの病気があって、一度は該当しないとされてしまった場合でも、病気が進行したら、該当するかどうかの再確認をしていくことが大切になります。病状によっては該当と認められ、介護保険を活用することで、様々なメリットが受けられるようにもなるからです。

こうした特定疾病の評価は総合的に行われ、3~6ヶ月以上の期間において、介護が必要であると判断されるときに該当とされます。総合的であるため、算数のように割り切れないところもあります。ですから、一度は非該当とされても、それでずっとあきらめてしまわないようにしましょう。

※参考文献
・黒澤 貞夫, et al., 『介護職員初任者研修テキスト』, 中央法規, 2013年
・厚生労働省サイト, 『特定疾病の選定基準の考え方』

KAIGOLABの最新情報をお届けします。

この記事についてのタグリスト

PR