閉じる
宇井 吉美

宇井 吉美

千葉工業大学卒。2011年、在学中に株式会社abaを設立し代表取締役に就任。中学時代に祖母がうつ病を発症し、介護者となる。その中で得た「介護者側の負担を減らしたい」という思いから、介護者を支えるためのロボット開発の道に進む。特別養護老人ホームにて、介護職による排泄介助の壮絶な現場を見たことをきっかけとして、においセンサーで排泄を検知する「排泄センサーHelppad(ヘルプパッド)」の製品化に向かう。この製品では、センサーによって、おむつを開けなくても排泄したことを知らせてくれることで、介護者の負担軽減を目指している。

執筆者一覧 >

宇井 吉美の記事一覧